霊能者に占ってもらう際に、より良い生活を送るための方向づけができるようにアドバイスをもらいます。その答えが的を得た答えが返ってくると、すぐにでも行動を変えることができるのですが、自分の質問の仕方によっては、霊能者が答えにくい質問を投げかけているかもしれません。

霊能者の答えが良いアドバイスになるよう質問の仕方を工夫することが大切です。質問に対する答えがはっきりしない時は、原因が霊能者に対しての気持ちの持ち方にもあるのかもしれません。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

質問してはいけない内容があります

質問の中では、社会的なモラルに反する内容があります。いくつか例を挙げると、人間の生死に関すること、他の人の運命が不幸になるのか、ギャンブルで何に賭けたらいいのかなどです。霊能者はギャンブラーではありませんし、人の生死をコントロールしているわけでもありません。

これらは自分だけではなくて他人も巻き込んでいる質問です。自分に関係ないものなどは質問しないように心がけましょう。自分の私利私欲に関するものは常識を逸しています。

結論を求める質問はやめましょう

例えば、彼とは結婚できるのかという内容や、今の営業している店が成功するのかしないのかなど結論をずばり求めてしまう質問です。

霊能者や霊感占いで求める答えは、どのように行動すれば成功に導かれるのか、または、相手にどういう気持ちで接したら良いのかなど、結果に至るまでで努力して変えることができることなどを聞くと、良い方向に物事が向かっていきます。もちろん良い方向に向かうよう自分自身の気持ちの持ち方や行動を努力する必要があります。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

結論づける答えが出る質問をなぜ避けなければいけないのでしょう

結果がずばり出る質問は、自分であらかじめ答えを決めていることがあります。その答えは自分が希望している答えで、霊能者の答え前に自分で準備している答えがあります。この自分の答えと違う結果が出た場合、気持ちが揺らいでしまい、今までの自分の行動に自身が持てなくなります。

そして結果が悪いと将来が不安になり、これからの人生が何が起こるのか怖いといった恐怖心もできてしまいます。また、霊能者に対しての不信感が起こる一方で、良い答えを期待して何度もみてもらったりと占いなどに対しての依存心ができてしまいます。

鑑定に頼り切る生活は自分で努力や工夫をする生活を放棄してしまいます。特定の霊能者にしょっちゅう会って相談していると時間も費用も莫大なものになってしまいます。

まずは一度でも生活に変化をもたらすことが肝心です。鑑定依存の生活は何も変化をもたらしません。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

鑑定は今までの自分を省みる良いきっかけ

鑑定や占いで自分の予測と違った方向の答えが出たからといって、悲観する必要も臆する必要もありません。答えはこれからの人生に活かしていくように出た答えであって、過去を省みるきっかけです。

これから過去に良くなかったことは繰り返さないように生きていけばよく、方向転換はできるはずです。

一度鑑定をしてもらったら、何らかの行動を起こしましょう。そして再度鑑定してもらいたいなら何らかの行動をした後で占ってもらうべきで、行動を起こす前に何度も占いなどで鑑定してもらうことはあまり意味のないことで、感心した行動ではありません。

まとめ

鑑定の結果には誰しも不安や期待する気持ちを持つものです。その不安感が大きければ大きいほど霊能者に対する負の感情、不信感が募ります。半信半疑、不安感いっぱいで霊能者に対する態度が良くないと、霊能者自身が快適に鑑定することが難しくなります。

あらかじめ質問内容が常識に反していないか、結論を急ぐ内容ではないかなど自分で確認する必要があります。的確な質問には的確な答えが返ってくるものです。鑑定結果を参考にこれからの行動などの指針にして前向きに前進していくことがより良い未来につながります。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!