霊能者と聞くと特別な力がないと無理と初めは皆思うはず。でも霊感は動物は人間より敏感だし、お盆やお葬式などの行事では霊感が働いているような話をよく聞きます。

ただ単に霊感が働くだけなら特別に変わったことではなく、「虫の知らせ」という言葉にもあるようにごく自然な力です。その力がどの程度のものなのか、自分で霊感チェックをしてみましょう。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

遺伝的な体質

まず自分の家族で霊を見ることができる人がいるかどうか確認してみましょう。意外と身近に霊感が強い人がいるかもしれません。そしてオーラが見えるのかどうかも霊感が強い体質です。

逆に霊が憑りついて体調が悪くなったという人も霊感が強い人です。人込みで急に気分が悪くなったり、視線を感じて振り返ってみても誰もいない、という時も霊感が働いているのかもしれません。

デジャヴや予知夢を見たことがある

一度も行ったことがない土地でこの景色は今までに見たことがある、このあたりの人のことを詳しく知っているなどと思うこと、それはデジャヴです。また夜間の夢で起こったことが実際に起こってしまった人は予知夢を見ています。デジャヴも予知夢も自分と波長が合う霊からの知らせかもしれません。

▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

くじ運が強い

宝くじで1等が当たったならばくじ運がとても強く、勘が鋭い証拠です。1等が当たらなくても、懸賞などで1名だけに当たるものに当選する人は、かなりの強運の持ち主です。しかも何度も当たる人が少なからずいます。何度も当たる人は人とは違ったパワーがみなぎっています。

そのパワーを良いこと、人の役に立つことに使うと他人から感謝されます。自分だけに使うのはもったいないことです。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

よく人から話しかけられ、相談を持ちかけられる

ただ道を歩いているだけで、色々な人から話しかけられ、道を聞かれるなどの相談事を持ちかけられる人は、強いオーラを持っているのかもしれません。オーラが大きければ大きいほど人から見つけられやすく、それが話しかけられる原因です。あなたの力が強い証拠です。

実際に霊を見たり音を聞いたことがある

実際に先祖の霊やきもだめしで夜に霊や人魂を見たことがあるという人は、かなり強い霊感があります。他の人には見えないので信じてもらえない時もありますが、悪い霊に憑りつかれないように注意が必要です。

また、霊現象が起こるとき、何かが割れるような音が聞こえる場合があります。それはラップ音といって、霊の力が働いているときに特有の現象です。この時も悪い霊に注意が必要で、除霊などを行う必要があります。

写真やビデオに霊を撮影したことがある

霊はデジタルツールと非常に相性がよく、関係のない他人の写真に写りこみ、テレビなどでも特集が組まれています。カメラなどを通して写した人と波長が合ってしまい、現実に見える姿で写りこんでしまいます。こんなときも慌てず専門家に託した方が無難です。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!

まとめ

何例か具体的な例を挙げましたが、このうちで該当する数が多いほど霊感が強いと言えそうです。霊感が強いだけでは霊能力者にはなれません。霊能力者は自分の力をコントロールする方法を知ったうえでそれを利用して他の人の除霊や浄霊などを行っています。

霊感が強いだけだと、霊を感じたり、普通とは違う感覚があって、かえって神経質になりストレスが大きくなります。霊感が強いことは体質的に霊能者の素地があるけれど、具体的な能力の使い方を知らないと体調不良などをひきおこし、自分自身が苦しいだけです。自分の力を上手にコントロールして良い方向に向かう方法ができる人が霊能者になれる素地がある人です。

実際に霊感が強く、自分の力をコントロールできる人は霊能者や霊感占い師として活躍しています。持っている霊能力を占いで発揮している人は、よく話を聞いてくれ、占いもよく当たると評判です。

霊感が高い人は人とは違った何かを感じ取る能力が高い人。その能力を待っている人がきっといるはずです。
▶▶当サイトがおすすめする霊能力者はコチラから!