霊感占い霊感というと、幽霊を見たり感じたりすることができる力だと思っている人がいます。確かに霊感は、幽霊と通じる力を指すこともあります。ですが、それだけではありません。霊感について正しく理解している人は、実は少ないのかもしれません。霊感について説明します。

霊感とは

視覚や聴覚などと同じように、多くの人に自然と備わっている、直感的な感覚です。第六感とも言います。無意識に感じ取っている人も多いですが、訓練をすることによって、意識的に感じとることができるようになります。

霊感は誰もが持っている

霊感というのは、単に幽霊を見ることができる力ではありません。第六感という言葉を耳にしたことはありますか。霊感とはまさに、第六感のことです。かなり直感的なものです。

視覚や聴覚、味覚、嗅覚、触覚などと同じように、多くの人に自然と備わっている感覚です。特別な人間だけが持っているもののように思われがちですが、誰もが持ち合わせている能力です。

細胞で感じる、かなり直感的な感覚であるため、意識的に感じ取れる人が少ないのは事実です。感覚を認識して、訓練をして感じ取る力を高めていけば、霊感を強めることは可能です。

霊感が強い人の特徴

霊感の強さは手相に表れると言われています。霊感を示す手相は複数あり、全てそろっている人は霊感が強い傾向があります。

幼少のころからの記憶が鮮明な人も霊感が強い人が多いです。曖昧な記憶ではなく、いつどこで、誰と、どういうことをして、そういうことを考えていたかなど、詳細を覚えているという特徴があります。

視覚や聴覚、嗅覚などとは別に、直感として場所や部屋の雰囲気の違いに気づくのも霊感によるものです。パワーストーンや、パワースポットなどの力も、感覚として分かる人は霊感が強いと言えます。

外見にとらわれず、人の本質を見抜くことができたり、人の弱っている部分や疲れている体の部位などが分かったりする人も、霊感が強いです。

霊感を使って感じ取れること

霊感を強め、上手く使うことができれば、噂や偏見にとらわれずに、人や物事の本質を見極めることができるようになります。

ある行動をとるときに、適切な時期を見極めることもできるようになります。今日はやめておいた方がいいかもしれない、まだその時ではないのかもしれない、と言ったように、なんとなくその時ではないということが分かるようになります。霊的なものや神的なものから、メッセージを受け取っているため、このような判断ができるようになります。