波動とは

波動

波動という言葉を聞いたことがありますか。スピリチュアルに興味があり、学んだことがある人なら1度は聞いたことがあるでしょう。波動とは何かを簡単に説明します。

波動とは

波動はエネルギーに似ていますが、厳密には違います。波動はこの世のすべての物がもっている振動です。目に見える物体だけでなく、感情や思惑など、目に見えないものも波動を持っています。

波動への理解を高め、自分や周囲の波動をコントロールできれば、運勢を良くすることができます。自分自身の調子を上げるためにも、活用できると心強い手段です。

すべての物は波動を持っている

この世のすべての物は、原子という小さな粒子でできています。原子は振動し、エネルギーを発しています。簡単に言うと、この振動が波動です。この世に存在するすべてのものが波動を持っています。

波動は物体が放つ意思や意識のようなものです。生き物などの動くものや、機械的なもの、それ自体では動かない物質などもすべて、波動を持っています。

ある場所や物に関して、なんとなく嫌な感じがしたり、特別な根拠はないけれど避けたいと感じたりするのは、その場所や物が放つ波動を感じ取っているからです。

エネルギーとの違い

波動はエネルギーと同義のように説明されることもあります。スピリチュアルでは、この世の全てのものがエネルギーを発しているという考え方をします。波動とエネルギーは、
非常に似た説明をされます。

ですが、厳密に言うと波動とエネルギーは異なります。波動は物質の振動であり、エネルギーは振動を起こすために必要なものです。

波動の種類

波動には良い、悪い、強い、弱いなど種類があります。良い波動というのは、より自然に近い状態の波動です。恐れや乱れがなく、調和がとれていてクリアです。森林や海など、自然のものは、良い波動を持っています。

人工的なものは悪い波動を持っています。添加物の多い加工食品や、排気ガスを生じる車などです。人に恐れを抱かせるものも悪い波動を持っています。物に限らず、人を脅したり怖がらせたりする人物もそうです。

波動には、強い、弱いといった性質もあります。単純に、強い波動が良く、弱い波動が悪いわけではありません。波形の振れ幅が大きいものが強い波動で、小さいものが弱い波動です。波動が強い方が、周囲への影響力が強いです。

波動には高低もあります。振動数が高いものが高い波動です。目に見えないものが多く、太陽の光や感情などがそれにあたります。木や机など、目に見える物体は低波動です。

状況に合わせて、波動をコントロールすることができれば、必要な力を得て、力を発揮できるようになります。波動は意識的にコントロールすることが可能です。そのためには、それぞれの波動の種類と性質をしっかりと理解する必要があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です