東洋占星術本格的な占いとして、多くの人がイメージするのが東洋占星術です。東洋占星術を用いて占いをする占い師は、日本にも海外にもたくさんいます。インターネットでも占えるサイトが、数多く存在しています。

東洋占星術とは

東洋占星術は、古くからある信頼のあつい占術です。基本的には、星の配置や動きを読むことで、人の性質や運命を読むという方法をとります。数多くの占い方法や流派が存在しているため、東洋占星術の中から、好みのものを探すのがおすすめです。

東洋占星術の起源

東洋占星術をさかのぼると、西洋占星術にたどりつきます。西洋で行われていた西洋占星術が、インドへと伝わり、インド占星術という独自の占術として発展を遂げました。そのインド占星術が、今度は中国へ伝わり発展して東洋占星術が生まれました。

占星術は、星の動きが人や国などの性質や運命を表しているという考えに基づいています。西洋占星術はもちろん、インド占星術も東洋占星術も、その考え方にのっとっています。

もちろん細かい部分では違いもあります。西洋占星術は、同じ星の巡りは二度と表れないという考えなのに対して、東洋占星術では季節がめぐるように、一定の期間を置いて、星の巡りもくり返されると考えます。また、東洋占星術には、中国の陰陽五行説が盛り込まれているものが多いです。

様々な流派に分かれている

東洋占星術は一口に説明できるものではありません。独自の進化を遂げて、様々な流派が生まれています。最もポピュラーなものとしては四柱推命があげられます。古代中国の支配層の間で用いられてきた占術です。

対して、民間で大きく盛り上がっていたのが紫微斗数です。現在では台湾でかなり人気の高い占術になっています。他にも算命学や九星気学など、生年月日や暦を使った多くの占術が、東洋占星術にあります。

信頼のおける占い

東洋占星術は、その歴史の長さからも分かるように、長く多くの人に頼りにされ、愛されてきた占術です。一時は国家の運命を左右するほどの力を持っていました。これほどまでに、長く重宝されているのは、高い的中率があるからこそです。

東洋占星術は、西洋占星術やインド占星術に、東洋の文化や性格を盛り込んで進化したものです。東洋人なら、他の占いよりも、当てはまる部分が多いため、的中率も高くなります。

本格的な、当たる占いをしてみたいというのであれば、まず間違いなく、一番おすすめなのが東洋占星術です。占い師の数も多いですし、占いもかなり研究されています。東洋占星術の中にも、複数の占い方法があるので、自分に合ったものを探してみるのがいいでしょう。