手相占い自分の手相が気になったことはありませんか。日本社会では、手相占いがかなり浸透しており、人気があります。手相占いは、古代インドで生まれ、中国に渡り、日本に伝わってきたのは平安時代だと言われています。

これほどまで長い間人々の間で話題になり続けているのは、高い的中率があるからでしょう。手相占いの根拠や、本当に当たるのかどうかを説明します。

手相占いとは

手相占いは、的中率がかなり高い占いだと言われています。その根拠は、手が脳と深い関わりがあり、手相は脳を表していることです。手相は、気持ちや考えの変化によって変わることがあるので、占い結果に一喜一憂するのではなく、占い結果を活かすことを意識しましょう。

どうして手相で性格や運命が分かるのか

手相占いでは、手相と言われる、手のひらにあるシワの形や数などを見ます。どうして手相で人の性格や運命が分かるのでしょうか。それは、手相が脳と深いつながりがあることと関係しています。

手は細かい作業をするなど、かなり複雑な事でも、脳で考えた通りに動かすことができます。考え方が違えば、手の動かし方が違ってきます。手の動かし方が違えば、手もそれぞれ変わってきます。人によって手相が違うのは、人によって考えが違うからです。

手と脳には深い関わりがあるため、手相は人の脳を表しているといえます。そのため、手相を見ることで、その人の本質的な考え、性質や性格が分かるということです。

専門家に見てもらうのがおすすめ

手相については、たくさんの書籍も出版されていますし、インターネットでも情報があふれています。自分の手相について調べるのは簡単です。なので、気になる人は自分の手相を調べてみるといいです。

ですが、手相は人によって違います。似たような線があっても、微妙な違いはありますし、初心者には見落とされがちな線もあります。似ている手相と勘違いをすることもあります。

本格的に自分の手相を知りたいのであれば、はやり、専門家に見てもらうのがいいです。思いもよらなかったことを発見できるかもしれません。

手相は変わる!診断結果に落ちこまないで!

手相占いをした結果が、仮に悪いものだったとしても、落ち込む必要はありません。手相は変わるからです。手相は脳を表しています。気持ちや考え方が変われば、おのずと手相も変わってきます。

まずは自分の手相を知る事が、第一歩になります。結果が悪かったとしても、それを知る事によって考えが変わるのはよくある事です。

逆に、手相占いをして良いことばかりを言われたとしても安心はできません。占い結果に高をくくって努力を怠っては、また手相も変わっていってしまいます。占い結果を活かせるような捉え方ができると良いですね。