姓名判断親になり、自分の子どもに名前をつけるとなると、気になってくるのが姓名判断です。自分の名前が姓名判断師によって付けられたという人もいるでしょう。気になる姓名判断について紹介します。

姓名判断とは

苗字や名前の画数や、陰陽の配置などによって、その名の持つ可能性について占うのが姓名判断です。流派によっても違いがあり、結果が絶対的なものというわけではないので、あくまでも参考にする程度が丁度いいのかもしれません。

名前を使って、可能性を占う

姓名判断は、名前の画数を見ることで名前のもつ運勢を鑑定します。基本的には、5運と呼ばれる5つのポイントを見てきます。5運は天各、人各、地各、外各、総各というもので、天各は苗字の画数の和、人格は苗字と名前の接合部の画数の和、地各は名前の画数の和、総各から人各を惹いた画数、総各は苗字と名前の画数の和です。

5運のそれぞれが象徴するものがあり、それぞれの画数が良いものなのか悪いものなのかで判断していきます。5運に加えて、陰と陽の配置や、読み方の韻なども踏まえて、より詳しく見ていく場合もあります。

占い結果が悪いからといって、安易に改名をすべきではない

姓名判断には、様々な流派があります。同じ名前でも、流派によって解釈が異なる事もあります。占い結果が「凶」と出たからといって、改名した方がいいというわけではありません。

全ての占いに通じることですが、「凶」のような結果が出た場合、注意して努力をすればいいだけの話です。悪い結果が出たからと言って、必ずしも不幸になるわけではありません。注意が必要、努力が必要のような意味だと解釈するのが賢明です。

逆に、良い結果が出たからと言って必ずしも幸せになれるわけではありません。占い結果に驕って悪い行いをし、不幸にみまわれる人もいます。

赤ちゃんの命名に役立てられる

愛する我が子の将来を、できるだけ良いものにしたいと願って、良い名前を付けたいと思うのは親として当然のことです。きちんと姓名判断師のもとで名前を決めるのもいいですし、いくつか案を出しておいて、インターネットなどで簡単な機能を使って姓名判断をするのもひとつの手です。

インターネットの簡易機能などを使って自分たちで判断する場合には、注意しなければいけないことがあります。苗字と名前の画数を足した総各を、総合運だと勘違いしている人が多いです。姓名判断の総各は、総合運ではありません。5運のそれぞれの組み合わせをしっかり見て判断するようにしましょう。