六星占術とは

六星占術

六星占術という占い方法を知っていますか。占い好きの人であっても、馴染みがない人が多いかもしれません。ですが、知る人には知られている有名な占いです。どのような占いなのかを紹介します。

六星占術とは

六星占術は、日本のテレビでも活躍していた細木数子が独自に編み出した占術です。四柱推命を簡略化したもので、初心者でも学びやすいです。単純化されていて簡単な分、的中率は四柱推命に比べて劣る傾向があります。

テレビで活躍していた細木数子が編み出した占い

六星占術は、日本人の細木数子が編み出した新しい占い方法です。細木数子は、2004年から2008年頃に、テレビで活躍していました。辛口で、はっきりと鑑定結果を言い渡すキャラクターと、当たる占い師という評判で、世間にブームを巻き起こしていました。

六星占術を編み出したのは、テレビで活躍するよりもずっと前ですが、テレビに出てから、細木数子と六星占術は多くに人々に知られるようになりました。芸能界を引退してからも、たくさんのファンや弟子を抱えて、スピリチュアルの分野で活躍しています。

四柱推命が簡略化された占い

六星占術は、簡単に言うと、四柱推命を簡略化したものです。四柱推命は、日本国内外でも高い知名度を誇り、的中率も高く、多くの人に利用されています。しかし、占い方法が難しく、簡単には習得することができません。

一方、六星占術は四柱推命を簡略化したものなので、比較的、簡単に占うことができます。学びやすいため、初心者でも占いをすることが可能です。ただし、簡略化されているため、四柱推命に比べると的中率は下がってしまいます。

生年月日を使って占うのですが、六星占術では生まれた時間は使いません。生まれた時間を使って占うことができるのは、定めた目的や目標が達成できるかどうかの結果です。基本的に、生まれた時間を用いない六星占術では、目的や目標が達成できるかどうかなどを占うことはできません。

占いの方法

四柱推命のように、運命数と呼ばれる数字を導き出して占いをします。導き出された運命数を、運命星と呼ばれる水星、金星、火星、木星、土星、天王星の6つの星のどれかに当てはめます。水星に当てはめられれば、その人は水星人ということになります。

また、その人が生まれた干支によって、運命星が陰と陽のどちらなのかを知ることができます。この運命星に分類することで、その人がもつ性格や運命を導き出します。

運命数や運命星の導き出し方や、占いの根拠など、より詳しいことを知りたければ、細木数子の著書をあたってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です