九星気学九星気学というと、あまり見かけない、難しい名前にも聞こえます。ですが、実は日本でもっとも行われている本格的な占いでもあります。九星気学がどのような占いなのかを、簡単に説明します。

九星気学とは

人が生まれつき持っている九星や十二支などを、時の流れの九星や十二支などと比べていき、失敗しやすい時期や成功しやすい時期などを割り出すことができる占いです。運勢を占うだけでなく、どうしたらより運勢を良くすることができるかなど、具体的な助言を得られるのが特徴です。

九星と十二支などを組み合わせた占い

中国で古くから行われてきた占術で、貴族や皇帝など、身分の高い支配層の間で行われてきました。日本に伝わり、江戸時代ではとくに、中国同様、身分の高い人々の間で広まりました。そして現在でもなお、多くの神社で用いられている占術です。

それぞれの人が持っている九星や十二支は、生年月日によって決まります。生まれつき持っている九星や十二支と、時の流れによって移り変わっていく九星や十二支を比較しながら、運勢を占います。

生まれつき持っている九星や十二支によって、その人の性質が分かるとともに、ある時期がその人にとってどういう時期なのかが分かります。

運勢、相性、方位などを占うことができる

未来の運勢について知ることができるだけでなく、どのような行動をとれば成功できるのか助言を得ることができます。ある目的を達成するために、どの時期にどのような行動をとればいいのかが分かる占いです。

運勢だけでなく、相性や方位などを総合的に用いて占うのが特徴です。九星や干支のめぐり合わせによって、相性のいい時期や人や方位などがわかります。

今抱えている悩みについて、具体的な時期や行動内容を提示しながら助言ができます。具体的なので、信ぴょう性が高く、前向きに行動が起こしやすくなります。何かに挑戦したい時にも、的確な助言となるでしょう。

未来をよりよくするために

未来の吉凶をただ占ってもらうだけの受動的な占いとは違います。自分で行動を起こすことによって、良い未来を切り開くことができます。抱えている悩みやトラブルからなかなか抜け出せなかったり、新しいことに挑戦したいなど野望を抱えていたりするなら、九星気学がおすすめです。

これからどのような行動をとればよりよい未来を切り開くことができるのか、具体的なことが分かります。アクティブに前向きになれる占いなので、気分も変わり、運気をどんどん良くしていくことができます。