ヒーリングヒーリングという言葉を聞いたことはありますか。体や心に不調が起こったときに、その不調を改善するために用いられる手段のひとつです。

具体的な方法は様々ですが、ヒーリングは世界中で古くから行われてきました。スピリチュアルな分野で、現代でも多くの人々に利用されています。

ヒーリングとは

ヒーリングをすると、ヒーラーを媒介として、流れるエネルギーを操作することにより、対象者の体と心を癒し、その人が本来持っている自然治癒力を高めることができます。具体的な手段は多岐にわたり、世界中で古くから行われてきました。

エネルギーワークの一種

ヒーリングは、エネルギーワークの一種です。エネルギーワークといのは、体内や周囲に流れるエネルギーを意図的に操作することです。ヒーリングは、エネルギーワークを行うことで、対象を癒す行為です。

ヒーリングは英語でHealingと綴り、日本語には「癒し」と訳されます。ケガや病気に直接働きかけて治そうとする「治療」とは違い、ヒーリングは体に流れているエネルギーに働きかけて不調を改善しようというものです。

ヒーラーが媒介となり、ヒーリングを必要とする人に、宇宙のエネルギーを流したり、悪いエネルギーを体外へ排出したりします。良いエネルギーを体内に流すことによって、対象者が持つ自然治癒力を高めます

どういう時に行うと良いのか

ヒーリングを行うと、体や心を癒すことができます。病気などを直接治すものではありません。心と体を癒すことで、自然治癒力を高めるのがヒーリングです。

ですから、元気が出ない時や、ストレスをため込んでしまった時に行うのがおすすめです。イライラやストレスをため込んでしまうと、胃腸の調子を悪くしたり、自律神経のバランスが悪くなったりして、病気につながります。

心と体に不調を感じた時には、ヒーリングを行ってみて下さい。心と体を癒すことができれば、本来持っていた力を取り戻すことができます。

ヒーリングを受けることで変わる事

悩みを抱えていて、それがストレスになり、体にも不調がでてきてしまっている人はぜひヒーリングを行ってみて下さい。本来の自分の力を取り戻すことができれば、悩みを克服できるかもしれません。

人は、自分の中に流れるエネルギーをきちんと整える機会が必要です。悪いエネルギーを取り込んでしまうと、さらに悪いエネルギーを呼び込むことになります。

ヒーリングをして、本来持っている自然治癒力が高まることで、特定の病気が治ることもあります。ですが、病気を必ず治せるというものではないので、注意が必要です。医学とは違うので、「病気を治せる」という宣伝文句には気をつけましょう