パワーストーンパワーストーンのブレスレットをつけている人をあ多く見かけます。パワーストーンには、様々な色や形、大きさなどがあります。オシャレの一環として、ファッションに取り入れている人もいますね。パワーストーンについて紹介します。

パワーストーンとは

パワーストーンは、宝石やヒスイ、水晶など、様々な素材の石でできています。人や周囲のオーラやエネルギーに働きかけるパワーを発している石です。

持っていれば願いが叶うというものではありません。潜在意識に働きかけたり、オーラやエネルギーに働きかけたりして、よい結果を出しやすくしてくれるものです。

パワーストーンと呼ばれる石

パワーストーンの歴史は長いです。遥か昔から、まじないや祝い事に用いられてきました。宝石や石など、自然にある石がパワーストーンとされてきました。他にも、金属類や化石、岩塩などもパワーストーンとして扱われています。

日本で古くからある有名なパワーストーンと言えば、まが玉です。ヒスイや象牙、水晶なども、時にはまが玉として加工されたり、パワーストーンとして人々に扱われてきました。

現在でも、様々な素材の石が売られています。数百円といった比較的安価なものから、数万円といったように高価なものまで、値段にも幅があります。

パワーストーンの効果

素材が色々あるように、その効果も様々です。恋愛運や健康運、金運など、それぞれの運勢を良くしてくれる石もあれば、悪い気を払ってくれたり、身代わりになってくれたりする石もあります。

パワーストーンは、持っていれば効果を発揮してくれるというものではありません。夢を叶えてくれるものではなく、力を引き出し、努力を実らせてくれるものです。

身に着けたり、持っていたりすれば、石が発しているパワー(エネルギー)が、潜在意識や周囲のオーラやエネルギーなどに働きかけます。潜在意識やオーラ、エネルギーなどが変われば、きちんと努力をすることで、その努力が報われやすくなります。

台湾が熱い

日本でもパワーストーンはかなり人気があり、ブームを巻き起こしています。ですが、もっと人々に浸透している地域があります。台湾です。

台湾では、日本よりもかなり多くの割合の人がパワーストーンを身に着けています。昔から、パワーストーンの力が信じられています。

値段も安いものから高いものまでたくさんあり、種類も豊富にそろっているので、もし台湾に行く機会があれば、パワーストーンを見てみて下さい。ネットなどではなく、店舗で実際に実物を見て購入したいという人も、台湾に行ってみることをおすすめします。