チャクラとは本や漫画、占いなどで、チャクラという言葉を聞いたことはありませんか。チャクラのことをよく知れば、体の調子を良くしたり、運気を上げたりすることができます。ここでは、チャクラについて、簡単に説明します。

チャクラとは

チャクラは、人の体に7カ所存在する、気というエネルギーの出入り口です。チャクラのバランスが崩れたり、状態が悪くなったりすると、気の流れが滞り、体調や運勢が悪化してしまいます。

良い物を体内に取り入れたり、周囲に置いたりして、チャクラの状態を良くすることができれば、体調や運勢を良くすることができます

チャクラはエネルギーの出入り口

人間の体には、外からの気を取り込んだリ、内から気を排出したりするための、エネルギーの出入り口のような場所が7つ存在すると言われています。その7つの気の出入り口がチャクラと言われるものです。

チャクラは体の中心部分に縦に並ぶように存在します。第1チャクラから、尾骨、丹田、腹、胸、喉、眉間、脳天の順で、第7チャクラまであります。それぞれのチャクラがつかさどる能力などが異なります。

チャクラのバランスが崩れることで、その人が能力を発揮できなくなったり、体調を崩したりすることにつながります。

チャクラの状態が良ければ、体調や運気が良くなる

第1チャクラは生命力や情熱に関係し、第2チャクラは物欲や性欲に関与しています。第3チャクラは精神的な自信や不安、個性などに関係し、第4チャクラは愛や思いやりなどをつかさどっています。

第5チャクラは知識や想像力などに関係し、第6チャクラは直感、感覚に、第7チャクラは思考や感情のコントリールと深く関係しています。

今挙げた以外にも、それぞれのチャクラが関与する能力はたくさんありますし、似ている部分や相互に影響し合う部分も多々あります。これらのチャクラの状態が悪くなると、気の流れが滞り、体に不調を来したり、物事が上手くいかなくなったりします。

逆に、チャクラの状態を良くすることができれば、体調や運気を良くすることができ、成功を収めやすくなります

チャクラの状態を良くするためには

風水を取り入れた生活環境に身を置くのが効果的です。風水は、周囲の気の流れを良くする効果があります。良い気を体内に取り込むことができれば、チャクラの状態も良くなりやすいです。

旬の食材を食べたり、3食きちんと栄養バランスのいい食事をしたりすることも大切です。良い物を体に取り入れるということを、意識して行うようにしましょう。

パワースポットに行ったり、パワーストーンを身に着けたりするのも効果的です。身に着ける物や、周りに置くものは、できるだけ質の良いものにするとチャクラの状態も良くなりやすいです。